サクスペ サクスペ杯

第2回サクスペ杯 感想&結果報告

スポンサーリンク

第2回サクスペ杯終了

スポンサーリンク

第2回サクスペ杯戦績

第2回サクスペ杯戦績

ジャイロ投手を準備できたというのが大きかったです。

野手だけでなく投手も準備していなかったら勝率は5割を切っていたかもしれませんね。

第1回に続きインパクトの瞬間にスティックをこねてしまう癖がなかなか抜けず、ロックオンなしでは全然打てないんですよね・・・

マイライフをロックオンなしで遊んだお陰で第1回よりはマシでしたが。。。

インハイのストレートを読んであらかじめカーソルを置いて待っていて、狙い通りの球が来ても2割程度しかヒットにできない下手っぷりです。

今回の熱戦

第2回サクスペ杯 ベスト試合

7回からはタイブレークなのにこの接戦!

めちゃくちゃ楽しかったですね!

ちなみに本塁打は全て対戦相手が打っています。笑

投手能力について

眉村ジャイロと同球種1・7(特にVスライダー)は、私のようなお粗末配球でも多くの相手を押さえ込むことができます。

上手い人なら他の手段でもしっかり抑えることができるでしょうが、上記の投手は考えなしにただ投げるだけでもそれなりに抑えられちゃうお手軽さがあるんですよね。

それくらい突出して対人性能が高い球種だと思います。

試合の感想

自らも眉村ジャイロ+Vスラ1・7投手を使用していて言うのもアレなんですが、少し能力に制限を加えたほうが楽しく試合ができそうだと思いました。

眉村ジャイロに関しては眉村を課金して手に入れた人も多いと思うので「眉村ジャイロ禁止」というのはまずいでしょうが、同球種の第二球種は削除されるぐらいの制限があれば操作が上手くない立場からするとより楽しめそうな気がします。

この意見は私ぐらいの操作レベル同士での対戦での話で、上手い人同士だと今度は乱打戦になりすぎるかもしれませんね。

上級者は同球種の1・7でもコースや配球履歴・クセなどからどちらの変化量かを読む駆け引きをしてると思うのでまた話が違ってきますし。

眉村ジャイロ+Vスラ1・7投手を使えば、対人戦を意識していない投手を使えばほぼ確実に負けるような格上にもまぐれで勝てることがあるのである意味良いバランスなのかもしれませんけど・・・

次回サクスペ杯に向けて

今回は野手全員が第1回と同じになってしまったので、次回は告知前からコツコツと準備していこうかなと思っています。

パワターも新規でMOTHER3のマジプシーを全員揃えて第3回で使いたいですね。

タイトルとURLをコピーしました