サクスペ再現選手

【再現選手】上原 浩治 サクスペ再現

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日現役引退を表明した上原浩治の再現選手をサクスペで作成してみました。

上原は私が巨人ファンだった時のエースピッチャーであり、新作パワプロの投手サクセスをやる際にはまず上原モチーフの選手を育成していたくらいには好きな選手です。

ペタジーニ敬遠と先日の会見での涙は一生忘れません。

改めて、上原浩治選手お疲れさまでした!

上原は日米通算100勝100セーブ100ホールドを達成したことからわかる通り様々なポジションで活躍した名選手ですが、今回は先発・中継ぎ(セットアッパー)・抑え(クローザー)時代のいいとこ取りというイメージで考えました。

スポンサーリンク

上原浩治再現選手:能力・特殊能力など

※以下の記録などはWikipedia情報

球速:149km/h

パワプロ10に収録されている上原の球速に。

※大学時代には153km/hを計測した

コントロール:S96

2010年

MLB歴代4位タイの32試合連続無四球

2012年

メジャーの歴史の中でも突出したK/BB14.33(奪三振と与四球の比率)を記録

2013年

メジャー移籍後打者920人目にして初の与死球

※しかもほぼ投げることのないカーブだった

K/BBが1000イニング以上投げた投手の中で日本プロ野球歴代最高となる通算6.68

※2位は土橋正幸の4.61、3位は田中将大の4.50

メジャーでは通算100イニング以上投げた投手の中で歴代最高の通算8.96を記録

※2014年時点

日本での1549イニングで与四球数はわずか206個、通算与四球率は1.20

フォークピッチャーでありながら暴投の数も20年間でわずか19個

※NPB:10個、MLB:9個

MLB連続無四球試合数36

※史上3位


コントロールは99にしようと思っていましたが精密機械を付ける分少し減らして96にしてみました。

スタミナ:A80

NPB205試合先発で56完投(完投率27.3%)

パワプロの上原はのイメージがあるのでスタミナはで。

フォーク:4 SFF:5 スプリット(シンカーオリ変):4 スライダー:2

落差の大きいもの、小さいもの、シュート回転させて右に落とすもの、スライダー回転させて左に落とすものなど、数種類のフォークを投げ分ける。

スライダー方向のものはパワプロに存在する球種・取得できるオリジナル変化球数制限の兼ね合いで断念。

「もともとスライダーピッチャーでプロに入ったけど、僕は1個覚えると1個忘れるタイプ。フォークを覚えたらスライダーの投げ方を忘れてしまった」とのことですが、巨人時代のパワプロの上原といえばスライダーとフォークなのでスライダーは採用。

カットボールは「次に投げるストレートや別変化球のキレに影響が出る」ということでメジャーでは封印している。

ムービングファスト

上原浩治「いろいろ動かしたりしている」

野手能力

ゴールデングラブ賞:2回(1999年、2003年)

よって守備能力を少し高めに設定・・・したかったのですが、敏捷ポイントをはじめ経験点が厳しかったので今回はほとんど上げられず。。。

※ゴールデングラブ賞が全然当てにならないのは良く知っています

※サクスペ環境が変わったらリベンジしたい

サクスペでは球速に応じて上がる肩力は何故かになってしまいました。

登板適正

日米通算100勝100セーブ100ホールドの上原がいけない場面は無い、ということで先発・中継ぎ・抑え全適正MAXです。

精密機械

上記コントロール指標の通り。

球持ち○

球持ちが良い・悪いで言えば”非常に悪い”

上原浩治「球持ちが良い、球持ちが悪いっていう表現が僕にはわからない。」

上原浩治「球持ちが長い、短いで表現するべきである。」

※球辞苑「球持ち」より

奪三振

2013年

救援投手でのレッドソックス球団史上初となるシーズン100奪三振を記録

MLB8年間で奪三振率10.7

NPB最多奪三振2回(1999年、2003年)

リリース○

フォーシームとフォークボールの二つの球種を投げた時のフォームの違いを映像を重ねて比較したがほぼ一致した。

ノビA

2013年

速球の空振り率36.3%でメジャー3位

実際の球速と空振り率を見ると怪童を付けたいくらいですが金特名的に合わない気がしたいのでノビAにしました。

フォームとコントロール、スプリットの存在がそうさせるということで。

牽制○

2013年

ワールドシリーズ史上初「牽制死によるゲームセット」で日本人初のワールドシリーズでのセーブを記録。

“Kojiは忍者”

闘志

“ペタジーニ敬遠”

『闘志力。―人間「上原浩治」から何を学ぶのか』

(2010年、創英社/三省堂書店、ISBN 978-4881421932)

回復A

2013年

73試合に登板

ポストシーズンを含めると86試合登板となりメジャー全投手の中で最多登板

一発

フライボールピッチャーとして知られ被本塁打がやや多い傾向がある

※NPB通算被本塁打率1.1、MLB通算被本塁打率1.12

2012年には一発病の克服をテーマとしていた

テンポ○

1999年7月4日横浜ベイスターズ戦で1時間59分での完投勝利を記録するなどとにかくテンポが良い。

上原が投げる日の巨人戦放送は試合が早々に終わり野球名シーン番組が良く流れていた記憶があります。

スピードアップ賞:2回(1999年、2004年)

調子安定

2013年

37人連続アウトでメジャー史上10位、レッドソックス球団記録更新

連続無失点イニング30回1/3達成

救援投手でのメジャー記録となるWHIP0.57(1投球回あたり何人の走者を出したか)を記録

人気者

Kojiコールなど

上原浩治再現選手:投球練習動画

投球練習を動画化してyoutubeにアップロードしてみました。

球速レベル:はやい

カメラ視点(投球):ノーマル→投手視点→フカン

・youtube

【サクセススペシャル】再現選手 上原 浩治

上原再現選手:完成選手データ




何故かになってしまった肩力に加え、ミート・パワーも初期値にかなりムラがあり30くらいでスタートすることもあるのでサクスペでの再現選手育成は投手の野手能力調整がやりづらいですね。

アレンジ巨人データ配布

パワプロ2018(2019)最新データの巨人をベースに、上原浩冶を今回の再現選手に入れ替えた巨人アレンジチームをアップロードしました。

検索条件で”上原”と入れて検索していただくのが一番お手軽かと思います。

※アップロード時点で上記アレンジチームのみヒットしました

上原浩治再現選手:再現選手を作成して

ケガしにくさ△を付けるつもりだったのですが何故かメモが抜けており付けられませんでした・・・

今回はサクスペ杯用として急遽作ったのでケガしにくさは関係なくセーフということで。。。

守備の基礎能力も思い描いた数値にはできなかったので、投手で野手プレイ時並みに敏捷ポイントをくれるらしいエビル高校の彼女キャラ沢樹末璃が実装されるなど育成環境に大きく変化があれば作り直したいと思っています。

上原のようにここまで特徴のある選手(主に制球力の面で)を再現するのは非常に楽しいですね!

残してきた成績・記録を見るだけで面白い!

国際試合では大学時代から数えて25戦12勝0敗2セーブで、

※2008年時点

国際試合負けなしという記録も持っているので是非とも国際大会○も付けたいところでしたが、サクスペでの再現選手育成では付ける方法がない(?)んですよね・・・

先日高卒ルーキー初登板初勝利を記録した、ストレートを投げまくる吉田輝星なんかも再現選手の作りがいがありそうですよね!

あの試合は本当に見ごたえがありました。

大谷翔平はメジャーでサイクルヒットまで打ってしまいましたね・・・

二刀流大谷をサクスペで再現できる日は来るのか・・・

パワプロ2018第6回サクスペ杯に間に合うように進める予定だったミスフル再現プロジェクトが間に合いそうにないので、その代わりとして今回の上原再現をやってみました。

ミスフル再現プロジェクトは先日1巻を情報をメモしつつ読み終わったところです・・・

サクスペ杯チームに入れてエントリーするつもりなので、凝ったピッチャーが出てきた場合にはこの上原浩治を登板させようと思っています!

上原浩冶再現選手完成後、いまいちサクスペ産選手のパワナンバー等公開の方法がわからなかったので「パワプロのこととかを書くブログ」の82さんに相談してみたのですが・・・

公開方法、なし!

という事実がそこで判明しまして。。。

ミスフルプロジェクトも作成キャラを気にいっていただけたら皆様のパワプロ2018内で自由に使ってもらえると思って書いていましたよ・・・

再現選手を各球団に入れてペナントを回すという目標はあるので、ミスフルプロジェクトは進めていきたいとは思っています。

上原浩治再現選手:再現サクセス

プレイ高校

全力学園高校

敏捷をかなり必要とするため守備練習の全力練習で稼ぎたい

持ち込みアイテム

手作りチョコ・ビルドパワドリンク

まず組んだのがこのデッキ。

阿畑がいない・・・

この変化球ポイントカンストタッグ発生時に気づきました・・・

退部。

阿畑を入れて今度こそスタート。

しかし1回目・2回目と阿畑のオリジナル変化球イベントが完走せず・・・

同じ前イベの阿麻・帽子なし山口ともに金特イベントは1回目で切っているんですがね。

イベント完走の他、各経験点が足りないという問題も浮き彫りになったのでもう少し真面目にデッキを考え直すことに。

挑戦2回目では初期センス○でしたがそれでもダメでしたので。

上原浩治再現選手:再現デッキ

阿畑やすし(前)

オリジナル変化球(スプリット)習得に必須

“シンカー”を「縦の変化量を大きくしたい」で改造

名前:スプリット

春野千優(後)

エピローグで人気者

エピローグで敏捷ポイント

虹谷誠(後)

やはり球速タッグ要員が必要

技術ボーナス持ち

金特イベントを1回目で切って問題なし

得意練習変化球

阿麻央真(前)

スタミナタッグでスタミナ直上げを狙う

全レアイベントでテンポ○

金特イベントを1回目で切って問題なし

得意練習変化球

[サンタ]太刀川広巳(後)

精密機械

得意練習変化球

鳴海悠斗(後)

全レアイベントで調子安定

技術ボーナス持ち

得意練習変化球



強めのタッグはこんな感じでした。

【総経験点】9,926点(変化ポイント溢れ)

途中で付いたサボリぐせのサボリ発生、その影響もあり地区大会はリリーフでしたがなんとか勝ち進んでくれました。

毎回再現が成功するような感じではなく、地区大会で負けていたら失敗だったので負けずに良かったです。

サクスペ杯用野手を少しでも増やすべくサクセスをしたいので・・・

おまけ:全力学園カンストタッグ集


どちらも失敗時のサクセスで発生したものです。

タイトルとURLをコピーしました